がれきの受け入れ

最近、よくニュースでがれきの受け入れが話題にのぼっていますよね。
まだ処分されていないがれきの量は相当なもののようです。
被災地をなんとかしなければいけないということで、最近受け入れ要請の活動が活発になっているようですが、もっと早くから行動を起こすべきではなかったのかなと思ったりもしました。
東日本大震災からもう1年経ちましたからね。

かれきの受け入れを簡単にできない理由としては、住民の反対が大きいとも言われているようです。
かれきに含まれている放射性物質に不安を感じるという人が多いのだそうです。
私が住んでいる県でも受け入れを検討していたところ、そのような意見が多くでたのだそうです。
その意見も分かるような気がします。
自分だけならまだしも、小さい子供がいる家庭などは、近くに放射性物質を含むかれきが処分されたらやはり不安ですよね。
その辺り一体の土壌が汚染されてしまうのではないかという不安もあると思います。
大臣やらがいくら大丈夫です、と説明をしたところで、何か隠蔽していることがあるのではないかと疑ってしまいますよね。

とはいえ、いつまでもこのままにしておくこともできませんよね。
1日も早い復興を、と思うならば、やはり、いろいろな自治体で分担したがれきを受け入れる必要がありますよね。
がれきを受け入れて処分した場合、どのような影響がでるのか、きちんと調査をして報告をしてもらうと良いのかもしれませんね。
でも、それくらいのことはもう既に考えられているのでしょう。
私も、もし、自分の家の近くにがれきの処分場ができましたとなったらいい気持ちはしないと思います。
正しいことをきちんと説明してもらい、住民に納得をしてもらうということが大事なのではないでしょうか。

同じ日本人として、受けた痛みは一緒に受け入れなければいけないとは思っています。
1日も早く良い対策を出してもらうことを願います。

Comments are closed.