ラーメンのトッピング 変り種

卵、メンマ、チャーシュー、モヤシ、ネギ、ナルト、コーン…。これらはラーメンのトッピングの王道。ラーメンにこれらが入っていても全く驚きはしないし、これらが入ったラーメンは何度でも食べたことがあります。

でも、ラーメンのトッピングはこれだけに限らないんですよね。残念ながら、私はいわゆる「変り種」にチャレンジしたことがありません。いつか試してみたいと思いつつ、なかなかその機会に恵まれない。

その日の朝は「今日はアレをラーメンにトッピングしてみよう」と思っても、お昼に近づくとパスタや丼物などが食べたくなったり。「今日こそアレをラーメンに入れるぞ」と決心していても、そのときになると揺らいだり。

今では変り種ではないかもしれませんが、いつか絶対ラーメンに入れてみたいのがチーズです。チーズは大好き。溶けるチーズがラーメンの縮れ麺に絡まるなんて、絶対おいしいに決まってます。

ラーメンとチーズのコンビネーションを体験する夢を抱いてから、何年が経つでしょう。未だに一度もチャレンジしたことがありません。チーズを入れたいと思っていたことに気づくのは、ラーメンを食べ終えた後。次は絶対入れるんだと思うのに、次になるとすっかり忘れている。そしてまた食べ終わった後に…。その繰り返しです。

他に試したいのは、納豆です。納豆自体は大好きです。白いご飯との相性の良さは誰もが知るところ。でも、相手がラーメンとなると、納豆はどんな態度に出るのでしょうか。とても気になります。

ただ、匂いが強烈であることは間違いないはず。納豆ラーメンにチャレンジするなら、家族全員が留守のときを選ばなければ。納豆が絡まったラーメン。きっと小粒かひき割りがいいんだろうな。

Comments are closed.